ぱいどん:手塚治虫の新作漫画がAIコラボで誕生!

漫画 最新情報 名作漫画・アニメ

最新のAIを駆使した新作漫画「ぱいどん」が制作・発表されました。

手塚治虫巨匠の作品と最新のAI技術から誕生した漫画です。

スポンサーリンク

ぱいどんとは

「ぱいどん」は手塚治虫の作品のデータをもとに作られた漫画です。

これまでの作品の画像データをAIで学習し、キャラクターを作成。

”「“漫画の神様”手塚治虫31年ぶりの新作」を、AI技術で生み出すという前代未聞のプロジェクト《TEZUKA2020》。TV、新聞、ウェブなど各メディアから大きな注目を集める本プロジェクトから生まれた新作漫画『ぱいどん』が、いよいよ本日2月27日(木)発売の「モーニング」13号に表紙&巻頭カラー付きで登場しています!
膨大な手塚作品をデータ化し、AIがストーリーとキャラクターの視点から“手塚治虫らしさ”を学習して生成したプロットとキャラクターの原案を、人間のクリエイターチームがブラッシュアップして完成させた「31年ぶりの新作」。”
(モーニング公式サイト)

 

ただ、製作には大変な苦労がありました。

ブラック・ジャックや三つ目が通るといった作品のキャラクターの顔画像をAIに学習させましたが、
デフォルメされた漫画のキャラクターの画像では
AIは漫画のキャラクターの顔を「顔」ではなく「線」としか認識しませんでした。

作り上げるキャラクターは人間とは言えない黒い線のかたまりばかり。
生き生きと魅力あふれる形にはなりませんでした。

そこで、数十万もの人間の顔の画像データをさらに学習させ、
AIは人の顔として認識するようになりました。

こうして、新しいキャラクターを誕生させることができました。
『ぱいどん』に登場する主なキャラクターの原案は、すべてAIが作り出したものです。

また、手塚治虫先生の作品の世界観にあったストーリーもAIを活用して作り上げました。
物語の設定や、キャラクターの設定も
「手塚先生らしさ」が出るように、AIが提案したプロットを活用し、ストーリーを組み立てました。

令和の時代に新しく生まれた手塚作品のキャラクター。

「ぱいどん」は2月27日発売の「モーニング」に特別読み切りとして掲載されています。
(後編も制作段階とのことです)

ぱいどんのあらすじ・設定は?

舞台は2030年の東京。

自動運転の自動車が走り、無人のドローンが飛び回る日常。
個人情報は管理され、犯罪や事故が激減した「合理的」なデジタル社会。
記憶喪失の青年「ぱいどん」は、そんな世界の片隅で暮らしていました…。

キャラクターや画風はまさに「手塚先生の作品」を感じさせる仕上がりとなっています。
子供のころに読み、引き込まれた手塚作品の世界に
新しい形でまた出会うことができる。
本当に感動の作品です。

 

「ぱいどん」が掲載されたモーニングを今すぐ読むなら
U-NEXTでは70誌以上の雑誌が読み放題!

月額1990円で雑誌が読み放題です

U-NEXT公式サイト

コミックシーモアの読み放題プランにモーニングは入っていませんが、ダウンロードしていつでも手軽に読むことができます。

モーニング221

コメント

タイトルとURLをコピーしました